水奈月の独り言

映画についての個人的な見解

ディズニーの名曲を生み出した、天才作曲家「アラン・メンケン」について書く。

ディズニー好きさん、音楽好きさん、映画好きさんなどなど、

一度は耳にしたことのあるでしょう、
アラン・メンケンAlan Menken)」
 
誰もが聴いたことのある名曲をいくつも作りだしてきた天才作曲家です。
 
1982年に「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」というミュージカルで大ヒット!
それを機に注目を集める作曲家になりました。
「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」の映画版もアランが作曲を担当し、映画デビューとなったそう。
 
その後、1989年にディズニー映画「リトル・マーメイド」でディズニーとタッグを組みます。
 
今ではディズニーには欠かせない作曲家となったアラン。
 
彼が手掛けた作品いくつかご紹介します。
 
「リトル・マーメイド」1989
パート・オブ・ユア・ワールド(Part of your World)、キス・ザ・ガール(Kiss the Girl)、アンダー・ザ・シー(Under the Sea)
 
美女と野獣」1991
美女と野獣(Beauty and the Beast)、ベルのひとりごと(Belle)、ひとりぼっちの晩餐会(Be Our Guest)
 
「アラジン」1992
ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)、フレンド・ライク・ミー(Friend Like Me)
 
ポカホンタス」1995
カラー・オブ・ザ・ウィンドウ(Colors of the wind)、川の向こうで(Just around the riverbend)
 
ノートルダムの鐘」1997
ノートルダムの鐘(The Bells of Notre Dame)、ゴッド・ヘルプ(God help the outcasts)
 
ヘラクレス」2007
ゴー・ザ・ディスタンス(Go the distance)、恋してるなんて言えない(I Won't Say I'm in Love)
 
魔法にかけられて」2007
歌ってお仕事(Happy Working Song)、そばにいて(So Close)、想いを伝えて(That's How You Know)
 
ざっと調べただけでもこれだけの名曲揃い!!

 

この中のほとんどがアカデミー賞でオスカーに輝いています。
 
ディズニーシーのアトラクション『シンドバット・ストーリーブック・ヴォヤッジ』のテーマ曲「コンパス・オブ・ユア・ハート」もアランの作曲です。
これも素晴らしい曲なので、ディズニーシーに行った際にはぜひ乗ってみてください!!
 
 
 
そんな中でもアランの魅力と言えば、”アランの曲だとわからないこと”だと思います。
 
作品のシーンに溶け込みすぎていて、歌うキャラクターの気持ちや背景に自然に馴染んでいて、観ている方は物語に入り込んでしまうのです。
あとで「あ。これもアランさんの曲だったのか!」と気付くこともしばしばです。
私はそんな風に溶け合う曲が大好きで素晴らしいと思います!!
 
 
今、実写化で話題のエマ・ワトソン主演「美女と野獣」ではアラン作曲の新しい曲が追加されています!

(こうしていながらも映画のサントラを聴いています♡本当に素晴らしい曲ばかり!)
 
ディズニー作品ではアラン・メンケンなしでは成り立たないほどに彼の曲が映画をより引き立てていると言えるでしょう。
 
2018年に日本で開催されるディズニーファン待望のイベント『D23 Expo』ではアラン・メンケンのソロが聴けるショーの開催も予定されているそうです!
物凄く人気でチケットも取りずらいイベントですが、ファンとしては見逃せないですね。
(私もできることなら参加したいです…)
 
今後もディズニー映画で彼の作品が聴けるのが楽しみです!!

 

d.hatena.ne.jp