水奈月の独り言

映画についての個人的な見解

読書感想文ならぬ、「映画鑑賞感想文」

今月も多くの作品を鑑賞しましたので、その感想をメモ代わりに書き綴っていこうと思います。

 

今回、鑑賞感想文を書くのはこちらの作品。

『恋空』

『世界の中心で、愛を叫ぶ』

余命一か月の花嫁』

です。

どの作品も、最愛の恋人が病に侵され、死別してしまう悲しいラブストーリーです。

 

それでは、個人的な映画感想文にお付き合いくださいませ。

 

 

恋空

ケータイ小説という、当時では新しいスタイルで世に出てきた物語を基に、映画化された作品です。

ケータイ小説を書いた美嘉さんが、自身の体験を書かれた小説で、実話が基になっています。

 

ごく普通の女の子、美嘉と、金髪で怖そうな印象のヒロ。二人は学校でもほとんど口をきいたことがありませんでした。

しかし、ヒロが美嘉の携帯を拾ったことで親しくなった二人は付き合うことに。ヒロの元カノの嫉妬によって、美嘉が乱暴されたり、妊娠が発覚して結婚する決意をするが、またしても元カノによって流産してしまいます。

美嘉はそれでもヒロと乗り越えていきたいと願うのですが、その頃からヒロは美嘉を敬遠するようになり、次第には別れを告げられてしまいます。

失意から少しずつ立ち直っていく美嘉は、大学で知り合った先輩と結婚を前提に付き合い始めます。

美嘉は毎年、赤ちゃんの命日にお花を手向けていましたが、その年はヒロの替わりに同級生のノゾムが来ていました。

そして美嘉は、ヒロが癌に侵されていることを知り、そのせいで自分を遠ざけたことも知るのです。

 

>>>私もケータイ小説が流行った頃に読んだことがありました。(怪しいと思って、途中でやめてしまいましたけど 笑)

まさかあのお話がこんなにもヒットして、有名になるとは思いませんでした。

 

そして十数年経て、やっと映画を鑑賞(笑)

何だか感慨深い思いです(笑)

 

実話とは思えないほど、盛りだくさんな高校生活で、公開当時も現実的ではないという指摘あったそうです。

 

高校生で妊娠、結婚を決意する、それを元カノに奪われる…

確かに非現実的です。

けれど、実際に身に起こらなかっただけで、結婚したい程の恋愛は経験するでしょうし、元カノの存在がその頃には物凄く大きな影響を与えます。

そんな青春時代ならではの、恋愛のし方が、描かれているように感じました。

 

 

世界の中心で、愛を叫ぶ

 

2004年に公開された通称「セカチュー」。主題歌の「瞳をとじて」共に大ヒットとなりました。

作中の空港でのシーン「助けてください」というセリフも当時、流行しました。

 

朔太郎は、同じクラスで委員長をしていた亜紀に恋をし、二人は強く惹かれ合い、想い合っていきます。

しかし、亜紀は白血病に侵されてしまうのでした。

 

>>>私は、「セカチュー」ブームにあやかって、小説を読みました。

人生で初めて、小説で泣いた作品でした。

原作があまりに素晴らしく、感動的だったので、実写映画化はこれまで鑑賞していなかったのです。

そして今回、鑑賞してみたのですが、ハッキリ言って、断然、原作の方が素晴らしいです!

映画化は、大人になった朔が、地元に帰ってきて、亜紀と過ごした場所を巡り思い出に浸るというストーリーになっていました。

原作とは違う設定になっている箇所もあって、原作で感じられたキャラクターの個性が感じられなかったのがとても残念でした。

 

 

余命一か月の花嫁

 

この作品も、実話を基にしたお話です。

イブニング・ファイブ」で特集された24歳で乳がんを患った千恵さんを主人公に描いた作品。

乳がんが見つかって間もなく、全身への転移が発見され、余命は一か月であると宣告されます。

そんな千恵さんは、同世代の人たちにこの病気を知ってもらいたいと、テレビ番組の取材を受けたそうで、乳がんの恐さを世界に広めてくれました。

千恵さんが癌と闘っていた当時、乳がんに対する認識、知名度は今よりずっと低く、情報を集められなかったそうです。

そして、夢だったウエディングドレスを着て、結婚式を行った一か月後、この世を去りました。

 

そんな千恵さんの実体験を、榮倉奈々瑛太主演で映画化。

映画では、結婚式の夜、二人きりの病室で指輪を眺めながら、千恵は出会った日を思い返していました。

「太郎ちゃん、覚えてる?」と太郎の振り向くと、寝息を立てる太郎がいます。

千恵は太郎の髪を撫で、「おやすみ、太郎ちゃん」と呟き、そのまま永遠の眠りにつきます。

旅立つ彼女よりも、遺される家族や恋人の痛みに胸が苦しくなる作品でした。

 

 

以上。

恋人との死別をテーマにした作品の感想文でした!!