水奈月の独り言

映画についての個人的な見解

劇場で鑑賞した作品『コード・ブルー』、『オーシャンズ8』

今月、劇場で観た作品はこの二本です!

コード・ブルー -劇場版-』

オーシャンズ8

 

 

コード・ブルー

私はドラマのシーズン1からずっと視聴している、コード・ブルーファンです。

キャスティングが好みなのが見始めたきっかけでしたが、彼らの成長ぶりを普通に楽しめるドラマとしても大好きです。

 

シーズン1

湘北救命救急センターでフライトドクターを目指す、四人のフェローたち。

協調性がなく、フェローたちとのなれ合いを嫌う一匹狼のような藍沢先生(山下智久

消極的な性格だが、優等生で医療知識では誰にも負けない、白石先生(新垣結衣

生意気でフェローたちを仲間というよりライバル視している緋山先生(戸田恵梨香

知識も技術もまだまだ勉強が必要だが、心の優しいムードメーカー、藤川先生(浅利陽介)。

この四人のフェローたちが、現場で、患者との関わりで、色んなことを学んで成長していく。

 

シーズン2

いよいよフライトドクターの試験。それぞれに抱える問題や不安、迷いを描きながらも、前へ進んでいくフェローたち。そして、緋山先生を残してフライトドクターとして巣立っていく。

 

シーズン3

出遅れた緋山先生も無事、フライトドクターデビューを経て、産婦人科を専門に働いていたが、恩師の頼みを受けて、白石先生と藤川先生のいる、救命に戻ってくる。

脳外で経験を積んでいた藍沢先生も、脳外専門の医師として現場にやってくる。

四人はそこで、新しいフェロー三人の育生を任されていく。

 

これまでのドラマでは大まかにこのように成長してきた四人。

今回鑑賞した劇場版では、この新しいフェローたちを育てながら、それぞれの道を進んで行く姿が描かれている。

 

フロントへ行った藍沢先生が一時帰国するのを待つ間、空港からドクターヘリ要請が入る。

白石先生とフェローの灰谷先生が現場へ向かうと、その飛行機に乗り合わせていた藍沢先生と再会する。

藍沢先生を迎え、海ほたるで起きた海難事故に駆けつける。

 

これまでのコード・ブルーらしさはそのままに、劇場版にて幕引きとなった感じを受けました。

正直、スペシャルドラマでもよかった気はしますが、ラストエピソードを映画化にしたのなら、とてもいい締め括りだと思いました。

 

 

オーシャンズ8

 

これまでのオーシャンズシリーズでリーダーを務めてきたダニー・オーシャンの妹という設定のデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)が釈放後にカルティエのダイヤを狙うというストーリー。

 

保釈前の面談では「二度と盗みはしない。出所後は地味な暮らしをしたい」と涙ながらに語るも、釈放された足で服飾品を次々に盗み、ホテルまで入手する豪快っぷり。

そして、メットガラのイベントでカルティエのダイヤを盗む作戦のために、仲間を集め始める。

 

本作は『オーシャンズ11』のリムーブ作品として制作されましたが、時系列は『オーシャンズ13』の後、ダニーが亡くなったとされています。

リムーブ作品ということもあって、『オーシャンズ11』をそのままレディースバージョンで描いた内容になっていました。

ジョージ・クルーニー演じるダニーと、ブラッド・ピットのラスティの関係を本作では、デビー(サンドラ・ブロック)とルー(ケイト・ブランシェット)が完璧に再現していました。

 

特にルーを演じたケイト・ブランシェットのキャラクターがネット上でも大好評。

(もちろん、私もその一人です)

かつておすぎさんが、ケイト・ブランシェットが『エリザベス』を演じた際に「彼女は生まれてくる時代を間違えたのよ」と絶賛していましたが、その迫力と現実離れした美しさは異常でした。

あの低い声で、デビーのサポートをするルーの役どころと、そのビジュアルだけでも鑑賞の価値ありです。

 

そして同じくらい存在感が光っていたのは、アン・ハサウェイ演じる、ダフネ・クルーガー。

高飛車な女優という役を見事に演じきっています。

アン・ハサウェイだけでなく、ハリウッド女優に持たれがちな“ザ・女優”といったイメージをこなすにはハマり役と言えそうです。

その美貌を余すところなく、アン・ハサウェイの魅力をフルスロットルで表現しています。

 

主演を務めたデビー役のサンドラ・ブロックは、ジョージ・クルーニーのダニーの時のように、脇役が際立つように自身は目立ちすぎず、でもリーダーとしての手腕を発揮する絶妙なキャスティングだと思いました。

 

是非、彼女たちの美貌を堪能してみてください。