水奈月の独り言

映画についての個人的な見解

ここ数日で鑑賞した映画をまとめてご紹介!

とある機会があって、ラブコメを観ることがありまして、その感想をまとめてご紹介します!!

 

ラブ★コン

まずは2006年に公開された、身長差コンプレックスを描いたラブコメディ作品です。

身長170㎝の長身が理由で振られたのを機に恋愛にコンプレックスを抱く主人公、小泉役は藤澤恵麻。逆に低身長が理由で振られた156.2cmの親友、大谷役に小池徹平がキャスティングされています。

大阪が舞台のため、関西弁で軽快なトークが飛び交うコミカル要素強めの青春ストーリー。

 

「このフォーク一本分のカベ」というセリフもありますが、小泉はそれを乗り越えて、告白するんです。なのに大谷は怖気づいて断ってしまいます。

そのくせ、小泉が新任の先生に夢中になるとヤキモチを妬く。

うーん、男気がない!と思ったけど、背が低い男子のコンプレックスはその逆の女子以上に深いのかもしれませんね。

 

個人的な意見ですが、私も小学生の頃から背が高かったのでそれがコンプレックスでした。なので主人公の小泉ちゃんの気持ちが痛いほどわかって鑑賞していました。

 

 

一週間フレンズ。

2017年公開の学園友情ストーリー、『一週間フレンズ。

主人公の藤宮香織は、中学のとき友人からの一言に深く傷つき、その後の事故の後遺症で記憶に障害が出てしまいます。

一週間で記憶が消えてしまう障害で、転校先の高校でも友達を作らずに過ごしていました。

ある日、図書館で長谷祐樹は香織に一目惚れし、どうにか友達になろうと奮闘します。

交換日記を繰り返し、月曜日の彼女に思い出してもらう作戦で、徐々に交流を深めていくのです。

 

中学や思春期の時期って、本当に些細なこと、一言で深い深い傷を負ってしまうんですよね。狭い世界が全世界だと思っているあの年頃にとっては、トラウマレベルの衝撃になるものです。

ある意味では記憶を失くせた方が幸せという見方もできると思います。そういった障害を抱えてしまう人は、自己防衛のためという見解もありますしね。

 

 

 

ヒロイン失格

2015年に公開された、学園ラブコメディ作品。

幼馴染の利太と結ばれるのは自分だと信じ込んでいるヒロイン志望の松崎はとり。ヒロインだと信じ告白されるのを待ち続けていた結果、クラスでも地味な足立さんに利太を取られてしまいます。

落ち込んでいるはとりを励ましてくれたのは、イケメンの人気者、弘光廣祐。次第に関係はこじれていき、四角関係になっていきます。

 

女の子は誰でもヒロインに憧れますし、恋愛においてありがちな悩み、「私が好きな人か。私を好きな人か。」をテーマに描かれたコミカルで可愛らしい作品となっていました。

視聴した作品の感想をインタビューされました!

 
先日、あるドラマを鑑賞しました。
FODとdTVで配信されていたドラマ『パパ活を視聴し、その感想をインタビューしていただきました!
 
私ごときの率直な感想をお話させていただきました。
よければ読んでみてくださいませ。

-Make Your Life Better-メルヴィーで「作品の感想を視聴者にインタビュー<椎名水無月さん編>」こちらにてインタビューの内容が掲載されました。

 
 
ドラマ『パパ活』は、渡部篤郎さん主演の動画配信サービスで配信され、視聴者からの反響に応えて、フジテレビ深夜ドラマ枠で地上波放送もされたそうです。
 
パパ活?援交じゃなくて?それがドラマ??と思っていました。
けど、インターネットで検索してみると案外それに関する記事や話題が多いことに驚きました。
 
意外と浸透してるんですね~。
 
援交と違うのは、カラダの関係ない男女の形という大前提があるようです。
経済力のある男性が、夢を追っている子やお金に困っている子を応援する。ご飯やカラオケなどデートを繰り返す度にお小遣いを渡したり、“太パパ”になると月の生活費などもサポートするらしいですよ。
 
アナログ人間の私には驚きの、にわかに信じ難い世界です(ボソっ)
 
もちろん、事故やトラブルに巻き込まれるリスクもあるそうなので、パパ探しには本当に気を付けないといけないですね!
 
今回、鑑賞したドラマは、パパ活のサイトで知り合った男女が、本気の恋に発展していくラブストーリーになっていました。
そういった関係も実際に起こるのでしょうが、パパ活をしている男性の多くは既婚者なので、不倫関係になってしまうことも多いでしょうね。
それもトラブルのきっかけになりやすいので、気を付けたいですね。
 
このドラマ『パパ活』は、渡部篤郎さん主演で、しかも脚本は野島伸司さんなんです!
作中に野島伸司ワールドが感じられる描写も多く、ドラマとしてとても面白く視聴できました!
 
渡部ファン、野島ファンはぜひ観てみてください!!

名作『ゴッド・ファーザー』を鑑賞したら意外な作品でオマージュされてた!

クラシックの名作『ゴッド・ファーザー』、観たことありますか?

f:id:sheena-minazuki:20180718130055j:plain

私は映画好きを名乗っているくせにお恥ずかしいのですが、クラシック映画は案外見ていないものが多いのです。。

『ゴッド・ファーザー』然り。。

 

ところが先日、午後のロードショーで放送されていたので、これはチャンスと思い、鑑賞してみました。

 

正直『ゴッド・ファーザー』のお話し自体はちょっと長ったらしくて、何度、断念しようと思ったことか…(笑)

 

クラシック作品って長時間のものが多いですよね(ボソっ…)

 

ではまずは、簡単にあらすじを…

マフィアのボス、ドン・コルレオーネは“ファミリー”の絆や約束を守る律儀な男でした。

血の繋がった息子や娘たちはもちろん、繋がりのない葬儀屋やミュージシャンなど、これまでに色んな関係で繋がっていた人たちを大事にし、サポートをしてきました。

しかし、ニューヨークマフィアの五大ファミリーである、タッタリア、ソロッツォとの抗争が始まり、ドンが襲撃されてしまいます。

それをきっかけに息子たちは復讐に燃え、殺し合いを始めていきます。

そして、マフィアの稼業に関わらずにいた、軍人のマイケルまでも、父の仇のために悪事に手を染めます。

襲撃で命を繋ぎとめたドンは回復後、復讐を止め、和解するように五大ファミリーを集めます。

そうして抗争は終わったかに見えたのですが、ドンの病死後、マイケルは他のファミリー全員を殺し、次期ドンの座に就くのでした。

 

簡単にまとめると、こんなざっくり完結なお話なんですが、これが何と3時間!!

長いっ……(笑)

 

正直、なぜこの作品が当時大ヒットとなったのか、オスカーが獲れたのか不思議でした。

特別、衝撃的な展開があるわけでもなく、淡々とマフィア同士の抗争を描いているだけなのに。

 

一説では、公開された1972年当時、まだマフィアの世界というのは一般には知られていない時代だったようで、それを題材にした本作が衝撃だったと言われています。

『ゴッド・ファーザー』の公開を機に“これがマフィア”とイメージを確立させたことは間違いないのでしょう。

 

そしてそのイメージの根強さから、未だにオマージュとして使われることも多くあります。

 

午後のロードショーで放送された6月15日㈮は、金曜ロードSHOW!でディズニーの『ズートピア』が放送されました。

 

動物たちが人間のように暮らす大都市、ズートピアで初のウサギの警察官になったジュディと、詐欺として生活していたキツネのニックの物語です。

ズートピア』の中で、ジュディとニックが犯人の手がかりを見つけるのですが、それは、ニックが以前に騙していたマフィアMr.ビッグに繋がっていたのです。

そのMr.ビッグのモデルになっているのが、『ゴッド・ファーザー』のドンなのです!

f:id:sheena-minazuki:20180718125801j:plain

左:『ズートピア』のMr.ビッグ 右:ドン・コルレオーネ

 

ズートピア』は公開されたときに、映画館で鑑賞していましたが、まだ『ゴッド・ファーザー』を知らなかったので、

 

「マフィアつったらこういうのだよな~」

 

くらいにしか思っていませんでした。

 

作品を観ていない私でも、マフィアのイメージ通りのキャラクターになっていたのです。それだけ『ゴッド・ファーザー』の影響力が大きいということですよね。

 

そして、その後『ゴッド・ファーザー』を鑑賞しましたら、ただ見た目を真似ただけでなく、

・ドンとMr.ビッグの声

・娘の結婚式という設定

f:id:sheena-minazuki:20180718131029j:plain

f:id:sheena-minazuki:20180718131637j:plain

家族での写真撮影(ドンの娘の結婚式にて)

 

・娘のウエディングドレスから髪型

f:id:sheena-minazuki:20180718131829j:plain

f:id:sheena-minazuki:20180718130819j:plain

ボリューミーなヘアセットに、襟ぐりのデザインまで同じ

 

Mr.ビッグに関わるほとんどがオマージュだったのです!

それに気付いたとき、だから映画って最高。と思いました(笑)

 

クラシックの名作はこういう形で、今でも生きているんですよね。

あまりに有名すぎる作品はこういったオマージュも多いのでしょうから、オマージュ探しをしてみるのも、また新しい映画の楽しみ方かもしれませんね!

今さらながら鑑賞!『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

1997年からオフ・ブロードウェイで上映された作品が最初のようです。

(オフ・ブロードウェイとは、500席未満の小さな劇場のことを言います。ブロードウェイにあったとしても、小さい劇場であれば「オフ・ブロードウェイ」と呼ばれるそうです。)

 

その映画化が公開されたのは、2002年(アメリカでは2001年)でした。

主演を務めたのはジョン・キャメロン・ミッチェルというアメリカの俳優で、本作でも監督と脚本も手掛けています。

 

あらすじ

まだベルリンの壁で東と西に分かれていた時代。ヘドウィグはまだハンセルという名前で男性として過ごしていた。ある日、ルーサー軍曹と出会い、結婚を申し込まれる。ハンセルの母親は、ヘドウィグと名乗り性転換手術を受け、女性としてアメリカに渡りなさいと、自分の名前と一緒にパスポートを渡します。

しかしその手術は失敗してしまい、股間には隆起した肉の塊が残ってしまうのでした。(これがアングリー・インチ「怒りの1インチ」)

そしてベルリンの壁が崩壊された日、最初の記念日に、ルーサーはヘドウィグの元を去ってしまいます。

そこからベビーシッターをして生活しつつ、韓国人女性たちとロックバンドを始めます。ベビーシッターのお家で出会ったトミーという若い少年と出会い、二人で音楽を制作して過ごします。

しかし、トミーはヘドウィグの股間に気付いた瞬間、逃げるように去ってしまうのでした。更に二人で作った音楽でロックスターとして成功してしまい、ヘドウィグは絶望します。

 

“愛”を求める物語

ヘドウィグは幼い頃、母親から聞かされたプラトンの「愛の起源」を信じている節があり、誰にも片割れがいるのだと歌います。そしてそれが“愛”なのだと。

同性愛に厳しかった時代、恋をすれば裏切られた経緯、色んなことに邪魔をされながら自分の片割れ“愛”を探し求める物語です。

ロックバンドのツアーとして各地を巡りながら、愛を求め自分自身を探す旅でもあったのです。

 

ヘドウィグを生み出した、主演のジョン・キャメロン・ミッチェル

性転換手術を受けてからは女性として生きて行くヘドウィグを演じるジョン・キャメロン・ミッチェル

彼は作曲家のスティーヴン・トラスクと共にヘドウィグというキャラクターを生み出し、舞台時代からその役を演じてきました。

作中ではほとんどのシーンで女性として登場し、男性に見えないほどキレイで美しく見惚れてしまいました。しかし後半に男性として登場すると、今度はカッコよく惚れ惚れするような筋肉美を披露しています。

女性にも見えて男性にも見えて、そのどちらもとてもレベルの高い美しさ。

見ていて何だか不思議な感覚になりました。

 

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の考察

私がこの作品を観て感じたのは、ヘドウィグは女でもあり、男でもあるのです。恐らく、本人にとって性別はさほど重要なことではないのでしょうね。

 

ただプラトンの「愛の起源」にあるように、自分の片割れを求めていただけ。

自分の片割れが現れて一つになったとき、自分自身が出来上がる、完成すると信じていた。というより、そう信じなければ自分を保っていられなかった。

愛を求めているようで、実は自分自身を肯定したかったのだと思いました。

ラストシーンで裸になったヘドウィグが歩いて行くシーンがあるのですが、色んな柵から解放されて、自分で自分を認めてあげられるようになったという描写なのでしょう。

 

作中で使われた音楽はマドンナにも絶賛され、その権利を求めたといいます。

そのエピソードも納得の、初めての鑑賞でも心に響くような楽曲ばかりで、ヘドウィグの波乱の人生に胸を打たれました。

映画『トゥー・ウィークス・ノーティス』の魅力

サンドラ・ブロック×ヒュー・グラントの映画『トゥー・ウィークス・ノーティス』を鑑賞しました。

f:id:sheena-minazuki:20180530145515j:plain

 

観るのは何度目かだったのですが、改めて観たらサンドラ・ブロックらしさがいっぱいのいい作品でした!

お仕事ロマンス映画とでも言いましょうか。コメディ要素もあって気軽に観ることができて、ほっこり気分を感じたいときにオススメです!!

 

トゥー・ウィークス・ノーティス』あらすじ

ルーシーはハーバード大を卒業した弁護士の資格を持っていながら、慈善活動に没頭する正義感の強い女性で、地元の人にも愛され歴史のある公民館を守りたい一心で、ジョージのパートナーとなり、仕事を見事にこなしていく。

ジョージはプライベートな用事でもルーシーに頼り切りになって、夜中でも電話や呼び出しを繰り返してしまう。

そんなジョージに愛想を尽かし、「あと二週間で辞めるから!」と言い放つ。

様々な方法でそれを阻止していたジョージだがついに折れ、素晴らしい後任を見つけたら辞めていいと約束します。

しかし仕事もプライベートもほぼ一緒に過ごしてきた二人は次第に惹かれ合っていく。

恋愛と仕事を描いた作品ではありがちな仕事のパートナーから恋愛の対象に変わっていくというラブストーリー。 

タイトルであるノーティスとは、通知、解雇の予告などを意味する。

notice
通知、通報、告知、通知書、告知書、掲示、はり札、びら、(解雇・解約・退職などの)予告、警告

noticeの意味・使い方 - 英和辞典 Weblio辞書

ルーシーが「二週間で辞めるわ」と言ってからの二人の関係性、お互いを意識していたことに気付く期間。

タイトルにはそんな意味が込めらているのかなと、私は解釈しました。

 

この作品はサンドラ・ブロックにピッタリの役だと思いました。

野暮ったく男勝りで、オシャレやお化粧にも疎い、そして正義感が強く弁の経つキャリアウーマン。でもどこか抜けたところがあってより可愛らしく見える。

私はこれを観て、ますますサンドラ・ブロックが好きになりました。

デンジャラス・ビューティー』のサンドラ・ブロックにも共通するキャラクターですが、こちらはそこに恋愛成分がふんだんに盛り込まれたようなキュートな映画になっていました。

ドレスを着てぴょこぴょこ走る姿や、キライなビーンがサラダに入っていると「残ってる」と言ってジョージにとってもらう姿など、女性としても可愛らしさがサンドラ・ブロックの魅力だなと感じました。

 

そして、仕事を完璧にこなすルーシーに頼り切りのプレイボーイのダメ社長っぷりがヒュー・グラントらしさ全開で最高でした!

カッコいいルックスとは逆に誰かに任せっきり、頼りっきりで自分一人じゃ全然ダメダメな社長というヒュー・グラントお得意の役でした(笑)

でもいざと言う時には男らしさを垣間見せ、ルーシーをサポートする一面にキュンとします。

ルーシーもジョージも、仕事とプライベートでのギャップを演じるのに最高のハマり役でした。

 

お仕事映画として観るも良し、ラブストーリーとして観るも良しの元気がもらえる作品でした。

 

銀座カラーのお金事情がわかりやすい記事を見つけた!

夏に向けて脱毛を検討する人も多く、予約も埋まり始めてきたこの時期。いつもの映画ブログではなく、私が通っている銀座カラーのお金事情について書いてみます!

というのも、わかりやすい記事を見つけたからです。

私の書かせていただいた映画記事も掲載されているサイトなのですが、他の記事を読んでいて見つけました。

私も銀座カラーユーザーなので、銀座カラー贔屓としてこの記事を紹介したいと思います。

(回しものではありませんww)

 

melby.jp

 

私も今現在、進行形で銀座カラーに通っています。

なので経験者としてこの記事を読みました。

確かに脱毛サロンに通うのに一番の不安要素はお金だろうなと思います。(実際に私もそうでした)

電車やCMで、「月額〇〇円から!」という広告はよく見かけます。

ですが、安易にそれを信じてしまうのは早計で、実際には手数料や自分の望むプラン料金との誤解などがあります。

多くの広告に載っている「月額〇〇円」というのは、一番人気の全身コースを一番安い支払い設定にした場合の金額であることが多いと思います。

(多分、銀座カラー然り)

私の場合ですが、手足だけでいいやというくらいで通い始めたので、全身である必要はありませんでした。

 

なので、広告の金額はあくまで基準として捉え、まずは無料カウンセリングに行ってみてください。

料金のことだけでなく、肌の悩みや脱毛したい個所など、納得いくまで質問できますし、サロンによっては体験させてくれます。

実は、銀座カラーで契約してるポイントがなくなったらサロンを乗り換えようか、新しいプランを契約しようか迷っていて、何件か無料カウンセリングに行きました。

システムやプランの違いはもちろん、サロンの使い方やルールも違っていて、店員さんの接客もサロンの雰囲気もかなり違いました。

なので一度はサロンに行ってみることを強くオススメします!

 

ところで、私が銀座カラーを選び通っている話を少しさせてください。

きっかけは姉が通い始めたことでした。

当時は今ほどサロン数も多くなくし、比較する対象がとても少なかったので、“脱毛”にたいして不安や恐怖がありました。

そこで姉が調べて通うことにしたというので、「じゃあここなら安心かな」と思って選びました。

 

今ではサロン数も多いし、銀座カラーの店舗もすごく増えましたよね。

当然、プランやキャンペーンも増えたので、色んな通い方・支払い方が選べます。

逆に多すぎて選ぶのに困るくらいじゃないでしょうか(笑)

 

ちなみに私が契約しているプランは、

・脇(回数無制限、期間無期限)

・70ポイントプラン(好きなパーツに照射し、ポイントを消費していくプラン)

その間にも一度、ポイントを消費するプランを契約していました。

無制限、無期限、脇のプランはちょっと記憶にないほど昔のことで、今は無制限となると全身コースになってしまうようですが。。

 

ポイント消費プランはいずれも分割で支払いました。

総額で70,000~80,000円だったかな(ちょっと前のことなので記憶が定かじゃないのですが…)

月に5,000円ずつなら払えるとお伝えして分割での口座引き落としを組んでもらいました。

ポイントを消化しつつも、次回照射までに3~4か月空けていたので、今では支払いは完了したけどポイントが残っているという状態です。

 

施術は終わったのに支払いを続けるというよりは、支払いは済んで施術が残っているという方がお得に感じそうだと思ったのもあります(笑)

支払いは毎月可能な額で払って、その後は施術したい個所を選んで通うことができます。ポイントに期限がないので、「今は気になる個所もないしお休みしようかな」と余裕をもって通えています。

 

今まで照射してきた個所は効果も感じられているので、残ったポイントで新しい個所に挑戦してみようかとも思っています。

今まで怖くて避けてきたデリケートゾーンの施術も、残りのポイント分だけ照射という方法も有りかなと思うこの頃です。(最近はデリケートゾーンのお手入れをする方も増えてますしね!

『リメンバー・ミー』をやっと観て来ました!

ディズニー最新作『リメンバー・ミー』をやっと鑑賞してきました!

ピクサー作品、原題『COCO』、同時上映は、『アナと雪の女王』の20分もの“短編”。

※間違われやすいですが、アナ雪はピクサー作品ではありません。

 

ピクサー映画のときはその前にピクサーの短編が同時上映されることが常でした。

ですあ、今回は時期的にもテーマ的にもアナ雪の続編が制作されたのでしょうね。

どちらの作品も家族の愛、絆をテーマにしていたので、感動しまくりでした!!

 

まず『アナと雪の女王/家族の思い出』は、クリスマスを祝うアレンデールが舞台でした。

2人は幼い頃から離れて暮していたので、国中で祝う初めてのクリスマスに興奮しています。

しかしクリスマスを告げる鐘を撞きセレモニーが終わるとみんな家へ帰ってしまいます。

「我が家の伝統では…」とみんな嬉しそうに話しながら。

それを見届けるとエルサは「我が家に伝統がないのは私のせいよ」と自分を責めます。

そこでオラフは国中の家を回って、クリスマスにはみんな何をするのか聞いて回ります。

アレンデール王家の伝統のクリスマスは…

 

そして本編の『リメンバー・ミー

年に一度、ご先祖様が家に帰ってくる“死者の日”を祝うメキシコの小さな町。

ミゲルは音楽を嫌う一家の中で唯一、音楽が大好きな少年でした。

しかし家族は音楽を許さず、厳しく禁止します。

ミゲルはかつて伝説のアーティストと言われたデラクレスを崇拝していましたが、あることから彼が自分の曽々祖父だと知ります。

そして自分の才能を家族のみんなにわかってもらおうとコンテストに出ることを決め、デラクレスのギターを借りようとするのですが、盗んだと誤解されて死者の国へ送られてしまうのです。

死者の国から戻ってくるには家族に許しを請わなければいけないのですが、死者の国で出会った曾々祖母のイメルダは許す条件として「二度と音楽はやらないこと」と約束させます。

ミゲルはイメルダからの許しを諦めて、デラクレスを探します。

その道中で出会ったヘクターは生者の国へ行きたいのですが、祭壇に写真を飾ってもらえなず、家族に会えないことを悩んでいました。

ミゲルは写真を祭壇に飾ることと引き換えにヘクターの助けを借り、二人はデラクレスを探しに出かけるのです。

 

どちらの作品にも共通していたのは、家族との思い出を忘れないこと、その大切さでした。

エルサとアナには一緒に過ごした時間がなかったけれど、お互いを想う気持ちはずっと持ち続けていました。

それを思い出せたのが初めて一緒に迎えるクリスマス。

 

死者は、家族に忘れられてしまうと“死者の国”からも消えて「二度目の死」が訪れます。

ヘクターも写真を飾ってもらえないことで、家族が忘れ始め「二度目の死」が近いことを悟ります。それを避けるためにミゲルは奮闘し、家族の絆の大切さを思い出すのです。

そして年に一度、死者の日には家族が家族の元へ帰ってこれるよう、忘れないために祭壇に写真を飾るのです。

 

日本にもお盆があり、ご先祖様が帰ってくる日がありますが、家族との思い出は常に心や記憶に残しておきたいですね。

死者の国からも消えてしまう二度目の死を家族が迎えないように。