水奈月の独り言

映画についての個人的な見解

6/17公開!今気になってる、フランス映画「おとなの恋の測り方」

 「おとなの恋の測り方」

f:id:sheena-minazuki:20170615205327j:plain

逆身長差の恋愛を描いたフレンチ・ラブストーリー

 今週の土曜日(6/17)に公開予定の作品。今、私も気になっている作品です。

いい響きですよね、フレンチ・ラブストーリー。何だか可愛らしい響き♡

(いや、まぁフランスで作られたラブストーリーはみんなそう呼べるんだけどw)

実は私、英語以外の外国映画ってちょっと苦手だったんです。多分、耳が慣れていないからというだけなんですけど…(笑)

中でもフランス映画って苦手な方が多いと思うんですよね。

私もなんとなくわかります(苦笑)

少し暗くて淡々と進んで行くような印象があります。でもこの作品もそうだと思いますが、最近はそんなイメージはどこへやらといったものが多く流れてくるようになったと思います。好き嫌いは何においてもいけませんね。(笑)

 

あらすじ

 三年前に離婚した夫と同じ事務所で弁護士をしているディアーヌ。離婚後も毎日顔を合わせ、口論も絶えない。イライラして帰宅したある日、ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったという電話を受ける。アレクサンドルと名乗る彼との会話にほのかに心がときめいたディアーヌは、翌日に会う約束をする。ドレスアップしてウキウキと出かけていくのだが、その彼はディアーヌよりはるかに背の低い男性だった。がっかりしたディアーヌだが、彼はそんなことさえもジョークに変えてしまうユーモアと話術でディアーヌを魅了していく。アレクサンドルに惹かれてデートの約束をしたが、周りからの視線は冷たかった。ディアーヌに対して未練の残る元夫はアレクサンドルを侮辱。母は世間体を気にして反対。次第にディアーヌ自身も自分の気持ちに揺らいでいく。

 

 キャスト紹介

 アレクサンドル役を演じるのは『アーティスト』で主演を務め、フランス人としては初めて主演男優賞でオスカーを獲得した、ジャン・デュジャルダン

ディアーヌ役には『VICTORIA(原題)』でセザール賞主演女優賞にノミネートされ、今フランスではロマンスコメディの女王として注目されている、ビルジニー・エフィラが出演。

フランスでは今、この二人が「ときめきの二人」として人気急上昇なのだとか♡「ときめきの二人」どことなくフランスらしい素敵なネーミング♡

 

f:id:sheena-minazuki:20170615222756j:plain

ジャン・デュジャルダンは本当は182㎝の長身なので、アレクサンドルの低い身長を撮影するのにはとても苦労したのだそう。ジャンの顔だけ使って体をCGにしたり、膝をついて演技したり、遠近法を使ったりもしたらしく、とても大変な撮影となったようです。

それでもジャンを起用したのは、有名でカリスマ性のある俳優の背を縮めることで映画に楽しい雰囲気を出せるだとうという監督の狙いがあったようです。

 

私がこの作品に惹かれたのは

私は幼稚園のときから背が高くて朝礼では常に一番後ろを取り合うような女子でした。故に、男子はみんな私より背が低かったのです。(今でもそうですがw)

ずっと背が高いことがコンプレックスで生きてきたのでこういった作品にはついつい目がいってしまいます。

この作品ではコンプレックスを抱えているのはアレクサンドルの方かもしれません。でも彼はそれさえもジョークにしてしまう程ポジティブでユーモアがあります。

「これは僕の個性だ」と言い切れる彼が羨ましくも思え、それを気にしてしまうディアーヌの気持ちもわかる。

二人はどうやってこの問題を乗りこえていくのか。私もこのコンプレックス乗り越えるヒントがもらえないものかと期待しているのでしょう。

 

この作品が問うテーマが刺さる!

 「男の価値は何で決まるか?」これは女性にとっての永遠のテーマ。優しくてユーモアがあって、知的完璧とも言えるアレクサンドル。ただ背が低いというだけで、周囲の視線やジャッジが気になって、心が揺れ、気持ちが左右してしまうもの。

そんな人間の心理にも迫ったようなテーマで描かれたロマンティックで楽しいフレンチ・ラブストーリー。

このような宣伝文句で打ち出されてしまっては、女子として心に引っ掛かりますよね。

昔は3高(高収入、高学歴、高身長)などと言われていましたし、今ではまた少し変わって『安定』とかが条件になっているようですね。

「そこのあなた!男性の価値として求めるものはなんだ!?」と聞かれたらつい足を止めて、心と見つめ合ってしまいます。

昨今(←一度使ってみたかったw)では、男女ともに選択肢が多くなっていて、結婚や恋愛となると頭を抱えたくなることがあります。

何を基準にパートナーを選べばいいのか、そもそもパートナーの形とは、若かった頃はもっと素直に「好きだから」で選べていたものが大人になると難しくなっていくように思います。そんな気持ちにもどこか刺さる気がしているのです。

 

フランスで「ときめきの二人」と呼ばれる二人が魅せる、ロマンティックコメディに注目ですね!

可笑しくチャーミングに描かれた大人の恋の結末に期待も膨らみます!!

otonanokoi.jp

初めましてのご挨拶と「イン・ハー・シューズ」への想い。

ごあいさつ

みなさま、こんにちは。

この度新しくブログを開設しました椎名水奈月と申します。

このブログでは映画について書いていこうと思っています。

私が今までに観てきた映画や公開された新しい映画についてなど(あくまで個人的な意見ですが)大好きな映画のことを書いていきます。

今回は初回なので私流映画の楽しみ方と、大好きな作品を紹介いたします。

 

お気に入りの映画館と、その過ごし方

私にはお気に入りの映画館があります。その映画館の廊下で上映までの時間、本を読んで過ごすのが大好きなのです。私はそうして癒しの時間を過ごします。

大好きな場所なのでそこの空気を吸っているだけで気持ちが落ち着き、リフレッシュして体中の空気を入れ替えられるような、そんな気持ちになります。

f:id:sheena-minazuki:20170612152111j:plain

※イメージ画像 引用:http://www.ikspiari.com/cinema/tips.html

最近では2か月に一度くらいしか映画館に行けないのですが、そんな時はレンタルしてきて一日に2~3本観てしまいます(笑) 映画館で感じる癒しの時間とは違って、自分のペースでただただ作品に没頭することが出来るので、こんな過ごし方もストレス解消になっています。

 

わたし的 映画の魅力 

映画の最大の魅力はやはり、今いる世界から離れて別の世界へ行けることですよね。ですが、私が映画にのめり込んでしまうのは、観る度に違う感動を味わえるからだと思います。

自分の年齢や状況、その時の心の状態で感情移入するキャラクターが変わったり、今まで気付かなかった視点で観れること。その楽しさがあるので同じ作品を何度も観たくなりますし、毎回新しい発見や気持ちに気付く瞬間が病みつきにさせるポイントだと思っています。

 

今日の作品『イン・ハー・シューズ

 

f:id:sheena-minazuki:20170612155053j:plain

画像引用:https://www.amazon.co.jp/

あらすじ

初回にお話ししたい作品は『イン・ハー・シューズ(In Her Shoes)』です。

姉のローズは弁護士として成功しているのですが、自分のことには自信を持てず落ち込んだときには買い集めた靴に慰めてもらいます。「服は似合うものがないし、食べ物は太るだけ。だから靴がいいの」と言っています。

真面目で頑なな性格のローズとは逆に、美人で男遊びも激しく、定職にも就かないでいる妹のマギー。彼女は文字を読むのが苦手で、姉にも「美人だけど頭が悪いのよ」と言われてしまいます。そのコンプレックスもあって、その美貌に頼って生きてきてしまいました。

マギーはある日、夜遊びのし過ぎで義母に家を追い出され、姉の元にやってきます。そこで姉のボーイフレンドと寝てしまい、姉妹は離れ離れに。マギーはフロリダに祖母が居ることを知り、訪ねていきます。そこは高齢者が暮らす施設で、マギーはそこでも自由に遊んで過ごし、挙句には、祖母の部屋からお金を盗もうとします。それが見つかり、ここで働きなさいと祖母に勧められます。そこで働き人々と触れ合いながら、マギーは自分を見つめ直すようになります。

一方、ローズは事務所を辞めて、元同僚のサイモンと結婚を考えた仲になっていきます。けど、マギーのことを話せずに苦しんでいました。マギーのいない生活と、自分の婚約を一緒に祝ってもらえない悲しさから、ローズもまた自分を見つめ直していくのです。

二人は幼い頃に母を亡くしていて、それを機に家族はバラバラになってしまいました。それでも二人は母を想い続け、家族でいることの大切さを共有してきたのです。性格が正反対の二人でも、その想いだけは同じくずっと一緒に過ごしてきた親友でもあったのです。

 うんちく

タイトルの「In Her Shoes」は「彼女の立場になって」という意味だそうで、正反対な姉妹でもお互いの立場になってみれば理解できることもあるというメッセージになっているのですね。

作品のキャッチコピーは『私たちは何度もすりむいて、自分だけの“靴”をみつける』と書かれているように、二人は傷つけ合いながらそれぞれの“靴”を見つけていくのです。

感想とまとめ

私がこの作品を観たいと思ったきっかけは、まずキャメロン・ディアスが主演だったこと(笑)、そして姉妹が題材だったことです。私が二人姉妹の妹なので、“姉妹”が題材なだけで心が揺れてしまいます。(アナ雪とかね)

惹かれたきっかけはそんな程度だったのですが、観てみたら想像を遥かに超えてきました。しかも公開当時より大人になって、姉との距離や家族としての変化があってから観たのではもう全然、違って見えて…先日見返したときには今までにないほど大号泣でした。

私も姉は真面目で頭も良く、出来る人なので、不甲斐ない自分をマギーに投影していました。「姉みたいに上手に生きられないんだよ」っていう気持ちが痛いほどわかって涙が出ました。けど今改めて観ると、姉としての苦しさを理解できて、妹を想う気持ちに気付いたら、今までと違うシーンで涙が流れました。f:id:sheena-minazuki:20170612160410j:plain

 

作品を通して気付かなかった気持ちに気付いたり、新しい気持ちを見つけることで、自分の成長さえを感じることもあります。

そんな気持ちに気付かせてくれる映画は、少し大げさに聞こえるかもしれませんが生活に彩りを添えてくれる、そんな魅力を感じます。

これからもこのブログで、皆さまの生活に彩(いろ)を添える作品をご紹介していけたらと思います。これから、どうぞ宜しくお願いいたします。