水奈月の独り言

映画についての個人的な見解と、ときどき物語。

2019-01-31から1日間の記事一覧

短編小説『ろくに生きられない』

「もうダメだ」そう思った。特別派手に転んだわけではないけれど、久しぶりの転倒に動転した。転がるように倒れ、気付けば目の前には地面があった。 「あ、転んだのか」そう実感するまでに間があった。自分の状態を確認する前に自分が今どこにいるのかが気に…