水奈月の独り言

映画についての個人的な見解

独断と偏見で、ジョニー・デップ出演作品を勝手にすすめてみる。

前回に引き続き今回も、注目されているであろう、ジョニー・デップ(以下ジョニー)を取り上げてみます!

f:id:sheena-minazuki:20170707223307j:plain

http://eiga.com/person/40577/gallery/0433561/

前回はパイレーツ・オブ・カリビアン公開というタイミングで書いたので、ジョニーの演じるキャラが濃い作品を紹介しましたが、そうではないジョニー作品ももちろんたくさんあって、どれも素晴らしいんです!

今回はそういった作品をいくつかご紹介いたします。

 

やっぱりカッコいい、男前作品

 

ショコラ

f:id:sheena-minazuki:20170707223443j:plain

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%A9-%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9/dp/B00005HUY5

ジョニーの作品の中ではまだノーマルなラブロマンスなんじゃないでしょうか。

舞台設定が少し特殊でファンタジー感もあり、ジョニーの演じた「ジプシーの青年」というミステリアスな雰囲気はとても彼に似合っていました。

けれど、主人公と結ばれるシーンがやや強行的な印象が残っています。「そこにこのシーンは要るか?」という感じ。

今また見返してみたら違った印象を受けるのかもしれないな、と思いますけど(笑)

 

ネバーランド
名作「ピーターパン」の作者ジェームズとある一家の関わりから「ピーターパン」が出来るまでを描いた、ほんわかする優しいお話です。
「ピーターパン」の作者ジェームズ・バリをモデルにした作品で、ジョニーにしては珍しいと思うくらい無難(いい意味でw)な役、ストーリーなんじゃないでしょうか。
見終わったあと、とてもほっこりしたのを覚えています。
 
リバティーン

f:id:sheena-minazuki:20170707223853j:plain

リバティーン - 作品 - Yahoo!映画

「始めに断っておく。諸君は私を好きにならないだろう。」と、暗闇でジョニー演じるロチェスターが語る場面から始まるのが物凄いインパクトだった作品。

ジョニーは台本を渡され、最初の一行を読んですぐ、この役を引き受けたとか!?

リバティーンとは放蕩者という意味があるそうなんですが、ロチェスターはその意味の通り、自由奔放に破天荒に生活をしていて、妻がいながらも女遊びをやめられないしょーもない詩人です。

馬車の中で妻の機嫌を取るのに愛撫をしてから、仕事(愛人の元)へ向かうシーンがとても印象的です。

 

パブリック・エネミーズ

f:id:sheena-minazuki:20170707224043j:plain

パブリック・エネミーズ - 作品 - Yahoo!映画

ジョン・デリンジャーという銀行強盗の犯罪グループを仕切る悪役。犯罪者なのに、弱者からは獲らないというポリシーが人々にウケて大スターのようにもてはやされ、逮捕されてもすぐに脱獄して、強盗を繰り返していました。しかし次第に彼の周辺を囲んでいき、警察が追い詰めていきます。

最後には映画館前で狙撃されるのですが、ジョンの頭部を弾が貫通する瞬間がスローモーションになるのです。皮膚などが歪み、弾が飛び出してくる映像が未だに忘れられません。

ネタバレになっちゃいますが、観る方はご覚悟を!

 

Dr.パルナサスの鏡

f:id:sheena-minazuki:20170707224336j:plain

Dr.パルナサスの鏡 - 作品 - Yahoo!映画

お話自体は難しくて、一度しか観ていないので私は理解しきれていません(笑)

けれど、この作品の裏話?制作にあたってのお話に心惹かれたのです。この作品の撮影中に主役のトニー役だったヒース・レジャーが急逝してしまいます。そこで完成が危ぶまれたのですが、ジュード・ロウコリン・ファース、ジョニーの3名がヒースと親交があったことから、「鏡の中のトリップしたトニー」として代役を務めました。しかも3人はこの作品の報酬を全てヒースの娘ちゃんに贈ったのだそう。

俳優陣の裏での繋がりに胸が熱くなりました。

 

ラム・ダイアリー

f:id:sheena-minazuki:20170707224521j:plain

ラム・ダイアリー : 作品情報 - 映画.com

異端児と呼ばれる新聞記者の半生を映画化した作品。ジョニー自ら製作・主演を務め、アンバー・ハードとの熱愛もこの共演がきっかけだと話題になりました。

その先入観のせいで、アンバーさんとの絡みのシーンでは色んな妄想をしてしまいました(笑)

1960年代のプエルトリコが舞台なのですが、この背景とお洋服や雰囲気がジョニーに似合いすぎて、もうただひたすらにかっこいいジョニーを眺めていられます。

 

 

まとめ

こうして何作か取り上げただけでも書ききれないくらいジョニーは魅力的な役を演じてきています。

ここで紹介した作品を私もまた観たくなりました!

キャラクターの濃い役をこなせるのは、こういった作品が基になっているからなのかもしれませんね~。